辺境の老騎士 バルド・ローエン(6)

辺境の老騎士 バルド・ローエン(6)
星5

スタボロスの剣を携えて、北を目指す一行の話です。
馬も用意してもらい順調に進むと思いきや、肝心の装備で一波乱あります。バルトにとって扱いにくい丈夫な皮でしか無いモノが、人殺しの原因になるほどの逸品だと知り、衝撃を受ける主人公。
今回はチャルチャガの有難さがよく分かる話でした。
それにしても、馬や動物の描写が本当に美しいですね。カモメのクリッとした目も、川熊の獰猛な姿も、筋肉の動きが見えるようなタッチに惚れ惚れします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です